安心して暮らせる50代からの家づくりのヒント

これからの人生を楽しむ

50代はライフスタイルが変わる節目の年代ではないでしょうか?第2の人生は、自分のために楽しく過ごしていきたいですよね。終の棲家となることも考えながら、安心して暮らせる家づくりを目指してみませんか?50代の元気なうちに健康や財産のことを考えておくのも大事な事です。これからの自分が望む暮らしを明確にして、安全で健康的で住み心地の良い家の設計をしていきましょう。夫婦ふたりの場合はゆったりと過ごせるスペースが大切です。敷地の大小にもよりますが平屋のコンパクトな家が注目されています。

50代からの家づくりの基本

50代からの家づくりは、高齢になった時の配慮が必要です。手すりをつけたり段差をなくすなどのバリアフリー化や、室温を調整できる空調設備なども検討してみましょう。また、家にいる時間が長くなる定年後を見据え、趣味を楽しむスペースを確保したり、身内だけでなく友人や地域との関わりが持てるような環境も大切になってきます。50代といっても、仕事や子供の年齢や親との同居や介護などライフスタイルは様々です。家づくりに必要な物や優先順位を決めておくことが必要です。

メンテナンスも視野にいれて

50代からの家づくりは、第2の人生を楽しく快適に安全に暮らすことが重要です。そのためには家は耐久性を考慮することが必要です。家は建てた時から劣化が始まるので、日頃のメンテナンスが大事になってきます。屋根や外壁の補修などは早めに対策をすることでコストも軽減されます。夫婦ふたりで住む場合は程よい距離感も大切だといわれています。50代からの家づくりは経済的な負担も考慮しながら、自分たちの希望に合わせてつくり上げていきたいですね。

夢のマイホームを建てるなら、自身の希望を様々に取り入れられる注文住宅がおすすめです。間取りや部材などを好みでチョイス出来ます。