よい賃貸物件か最低限見ておきたい3つのポイント

耐震性は大丈夫なのか

住みたい賃貸物件の家賃が安かったとしても、それだけで判断してしまうのは危険です。まず、最低限見ておきたいポイントとしては、耐震性はしっかりとしているかということです。この耐震性を知るためには、耐震基準が導入された1981年以降の建築であるかどうかを調べることが大事になってきます。こういった情報は不動産屋に確認すればすぐに教えてもらうことができるので、契約をする前に事前に確認しておいた方がよいでしょう。

2階以上の部屋であるかどうか

安心して暮らすことができる賃貸物件を選ぶ際は、なるべく2階以上の部屋を借りた方が安心して暮らすことができるということが言えるでしょう。理由としては、侵入者が入りづらいということ、日当たりが良いということ、窓からの景観が良いということなどを挙げることができます。このように2階以上の部屋を借りる場合はメリットがいくつかあるので、家賃も1階に比べるとやや高い傾向にあります。また、高層マンションの場合、エレベーターに他の住人と乗る機会も出てきますので、考慮しておきたい点です。

間取りをチェックする

賃貸物件で重要になってくるのは、自分が住む部屋のスペースがどのようになっているのかということです。これは生活スタイルに応じて自分にあった間取りの部屋を選ぶことが重要になってきます。不動産会社から渡される物件の資料には必ず間取りが表記されています。例えば、1K、3LDKと表記されています。ただし、1Kだからといっても様々な間取りの部屋がありますから、実際に部屋に行ってチェックしておくということが大事になってきます。

札幌市東区の賃貸は、物件数が大変豊富な点で人気を集めており、様々なタイプの中から自分に合った物件を選択できます。