マンション経営に関することとしては!知っておくべきこと

管理費などの諸費用とは

管理費などの諸費用が実はかなりマンション経営には大事になります。要するにいくらで運営できるのか、ということです。単純に家賃がそのまま収入になるわけではありませんから、そこは勘違いしないことです。固定資産税なども結構な金額になりますから、覚悟しておいたほうが良いでしょう。それに意外と難しいのが家賃の徴収になります。人にマンションを貸す、というのは契約としてかなり重く、家賃徴収にも実はかなり手間がかかることがあります。

イニシャルコストを下げることです

マンション経営でまず考えることがイニシャルコストを下げることです。要するにまず最初に投資をする金額を抑える、ということになります。これは新築ではほぼ不可能になります。ですから、中古マンションを買う、というのが実はベストになります。また、中古マンションの探し方として競売を利用する、というのもかなりお勧め出来ます。これならばかなり市価よりも安く入手することができるからです。但し、意外とリスクがある買い方でもあります。

何年以内に回収できるのか

投資額を何年で回収できるのか、ということをよく知るべきでしょう。その計算をすることが重要であるといえます。これを損益分岐点といいます。マンションというのはさすがに中古でも結構な金額になってしまうのです。そして、家賃というのは年間で見ても実はそんなに大したことがないことが多いです。しかし、これが何年ともなりますとかなりの金額になるわけです。それでも15年から20年は回収するまでに要することが多いです。

マンション経営と言うと高額なので、庶民には関係が無いとお考えの方も少なく無いかと思いますが、実はローコストでも行う事が出来ます。一棟単位ではなく一室単位で行う事が可能です。