賃貸物件の探し方は?3つの注意点を押さえておく

不動産会社で紹介された物件には注意

インターネットで良い物件を見つけて、電話で連絡をした後、すぐに不動産会社を訪れたのに、「その物件はついさっき契約が決まってしまいました」などと言われて、別の物件を紹介されてしまうことがあります。インターネットにあがっている物件は実際に存在するものですが、契約が決まったばかりのものや、決まりそうなものも、含まれています。不動産会社を訪れたとき、不意打ちで紹介された物件というのは、そのまま流されて契約をしてしまうことがあります。しっかりと時間をかけて検討をしたほうがよいです。

初期費用は安いほうがよい

敷金・礼金、仲介手数料などの初期費用は、安いほうがよいです。家賃が3万円、管理費が1万円という物件を見つけたら、「管理費が1万円かかるなんて高い」と感じるかもしれませんが、「管理費が1万円なんて、お得だ」と感じる人もいます。敷金・礼金、仲介手数料は、「家賃の1か月分」などとなっているため、家賃が安いほうが初期費用も節約できます。そのため、家賃が4万円の物件よりも、家賃が3万円、管理費が1万円の物件のほうが、初期費用が節約できるのです。総合的なメリットで考えることが重要です。

審査に通らないと意味がない?

いくら良い物件を見つけても、審査に通らなければ意味がありません。不動産会社を訪れるとき、だらしない格好をして、耳にピアスなどをつけていたら、「この人では審査に通らない」と判断されて、希望していたものとは別の物件を紹介されてしまうこともあります。年収や職業などはすぐに変えようがありませんが、服装などは少し気をつけるだけで改善できます。必ずしもスーツで行く必要はありませんが、清潔な服装で不動産会社を訪れるようにしましょう。

桑園の賃貸は、間取りや設備、立地など、様々な点に優れた物件が多いため、こだわりを持って物件探しができます。